2019年3月31日 (日)

舞台『人魚姫』アフターイベント/カンフェティ

 

6月出演舞台 『人魚姫』


公演後のアフターイベントが発表になりました✨
トークの回と、ライブの回があります。
(イベントのない回もあります)


それから
5月号のカンフェティさんに
取材していただいた記事が掲載されています。
59c6362b776842459531f4a4848f749a
本当に絵本のよう。
実際に大きな大きな物語の中に飛び込んでいくような作品。


いつものことですが
緊張と楽しみと、、いろいろが入り混じって
そして
自分の中が一回、透明になる感じがしています。


楽しみに、元気に
がんばります!



《アフターイベント日程》
22日(土) 18:00
アフタートーク (予定キャスト)
蓮城まこと、田野聖子、村上哲也、八代進一、木暮拓矢、古澤光徳
 
23日(日) 18:00
アフターライブ (予定キャスト)
蓮城まこと、きよこ、藤田奈那、菜那くらら、楽隊
 
26日(水) 14:00
アフターライブ (予定キャスト)
蓮城まこと、きよこ、藤田奈那、菜那くらら、楽隊
 
28日(金) 14:00
アフタートーク (予定キャスト)
藤田奈那、きよこ、藤谷みき、舘智子、岩坪成美
 
29日(土) 13:00
アフターライブ (予定キャスト)
蓮城まこと、きよこ、藤田奈那、菜那くらら、楽隊
29日(土) 18:00
アフタートーク (予定キャスト)
田野聖子、八代進一、小林至、田中英樹、林周一、下出宗次郎
 
※アフターイベントは状況により変更になる場合もございます。予めご了承ください。
 
 

◆ノックノックス
https://knock-knocks.jp


作 演出 作曲 ヤストミフルタ
2019年6月21日(金)~30日(日)
すみだパークスタジオ倉

- 上演スケジュール -

6月21日(金)19:00
22日(土)13:00/18:00
23日(日)13:00/18:00
24日(月)19:00
25日(火)19:00
26日(水)14:00
27日(木)19:00
28日(金)14:00/19:00
29日(土)13:00/18:00
30日(日)13:00


- 料金 -

一般 6500円
学生 4500円(中高生)
小学生以下無料
※夜公演は未就学児入場不可
※3歳以下のお子様の入場不可




〜ものがたりをはじめるまえに〜

 むかしむかし、人と人魚はとても仲良く暮らしていました。しかしある日、人は大きな争いを起こし、大切な海をよごしてしまいました。それは海に住む人魚や魚たちだけでなく、森に住む動物たち、空を飛ぶ鳥たち、そして人間にとっても悲しい出来事でした。やがて海は死に、この世界の生き物はどんどんと姿を消していきました。

 それからどれだけの時が流れたでしょう。数十年、いや数百年でしょうか。次第に生き物たちは生きる力を取り戻しはじめました。海は相変わらず誰も住むことのできない場所でしたが、人々は残った水を分け合い、動物や鳥たちと一緒に生きていく道を選びました。

 そんな時、ひとりの人魚が浜辺で見つかります。海が死んでしまったせいで、もうこの世界にはひとりも生きてはいないと思われていた人魚が生きていたのです。ですが悲しいことに、それが新たな争いを生む火種となってしまいました。

「人魚の涙は水を浄化する力があるそうだ」

「人魚の歌には人の傷を癒す力があるらしい」

「ううむ、それは是非とも手に入れたいものだ」

「やや、ひとりじめはゆるさんぞ」

 人魚は争いのさなか、人の手を渡り、すっかり心を閉ざしてしまいました。この物語は、そんな人魚が人から人へと手に渡り、とある村にやってくるところからはじまります。

- 出演 -

蓮城まこと
藤田奈那 田野聖子 きよこ
村上哲也(Theatre Ort) 小林至(Theatre Ort)
藤谷みき(青年団) 舘智子(タテヨコ企画)
八代進一(花組芝居) 田中英樹(テアトル・エコー)
木暮拓矢(流山児事務所) 林周一(風煉ダンス)
岩坪成美 古澤光徳(ユニークポイント) 下出宗次郎

- 演奏 -

菜那くらら(ヴォーカル)
坪光成樹(ギター/ベース)
角谷奈緒子(ビオラ)
まぁびぃ(パーカッション)
大西香奈(グランドハープ)

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

舞台『人魚姫』チケット先行受付のご案内

9e8f51b9615647428b85194da2b832d0


6月に出演させていただく舞台

◆ノックノックス新作『人魚姫』
6/21〜6/30 すみだパークスタジオ創


第二弾出演者が発表されました✨






お子様から大人の皆様まで
お楽しみいただけるステージです。
小学生以下無料
※夜公演は未就学児入場不可
※3歳以下のお子様の入場不可
3月中旬詳細公開


ご家族皆様でぜひ。
ご来場お待ちしています✨


+++++++++++++++++++++++++
《会員の皆様》

きよこのメルマガ会員様には
チケット先行お取次のご案内が
配信されています🕊📩


メルマガ内のフォームよりお申込みください。

今回受け取っていない方がいらっしゃいましたらご確認↓ご連絡くださいね📩

http://kiyoco.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post.html

++++++++++++++++++++++++

◆ノックノックス
https://knock-knocks.jp


作 演出 作曲 ヤストミフルタ
2019年6月21日(金)~30日(日)
すみだパークスタジオ倉



- 出演 -

蓮城まこと
藤田奈那 田野聖子 きよこ
村上哲也(Theatre Ort) 小林至(Theatre Ort)
藤谷みき(青年団) 舘智子(タテヨコ企画)
八代進一(花組芝居) 田中英樹(テアトル・エコー)
木暮拓矢(流山児事務所) 林周一(風煉ダンス)
岩坪成美 古澤光徳(ユニークポイント) 下出宗次郎

- 演奏 -

菜那くらら(ヴォーカル)
坪光成樹(ギター/ベース)
角谷奈緒子(ビオラ)
まぁびぃ(パーカッション)
大西香奈(グランドハープ)



- 上演スケジュール -

6月21日(金)19:00
22日(土)13:00/18:00
23日(日)13:00/18:00
24日(月)19:00
25日(火)19:00
26日(水)14:00
27日(木)19:00
28日(金)14:00/19:00
29日(土)13:00/18:00
30日(日)13:00



- 料金 -

一般 6500円
学生 4500円(中高生)
小学生以下無料
※夜公演は未就学児入場不可
※3歳以下のお子様の入場不可


3月中旬詳細公開



ものがたりをはじめるまえに

 むかしむかし、人と人魚はとても仲良く暮らしていました。しかしある日、人は大きな争いを起こし、大切な海をよごしてしまいました。それは海に住む人魚や魚たちだけでなく、森に住む動物たち、空を飛ぶ鳥たち、そして人間にとっても悲しい出来事でした。やがて海は死に、この世界の生き物はどんどんと姿を消していきました。

 それからどれだけの時が流れたでしょう。数十年、いや数百年でしょうか。次第に生き物たちは生きる力を取り戻しはじめました。海は相変わらず誰も住むことのできない場所でしたが、人々は残った水を分け合い、動物や鳥たちと一緒に生きていく道を選びました。

 そんな時、ひとりの人魚が浜辺で見つかります。海が死んでしまったせいで、もうこの世界にはひとりも生きてはいないと思われていた人魚が生きていたのです。ですが悲しいことに、それが新たな争いを生む火種となってしまいました。

「人魚の涙は水を浄化する力があるそうだ」

「人魚の歌には人の傷を癒す力があるらしい」

「ううむ、それは是非とも手に入れたいものだ」

「やや、ひとりじめはゆるさんぞ」

 人魚は争いのさなか、人の手を渡り、すっかり心を閉ざしてしまいました。この物語は、そんな人魚が人から人へと手に渡り、とある村にやってくるところからはじまります。




+++++++++++++++++++++


◆コンサート出演◆

2/23(土) 愛知県江南市
『きよこハッピーファミリーコンサート』
スペシャルゲスト タニケンさん!!

3月〜4月
ガラピコぷ〜がやってきた!ファミリーコンサートツアー
青森、小平、羽生、静岡

など、コンサートが続きます!

他各情報や詳細は
【出演情報】▶︎ https://ameblo.jp/actpro-news/message-board.html


+++++++++++++++++++++++

いつもあたたかな応援
ありがとうございます✨

春に向けて
みんな元気に頑張っていきましょう🌸






きよこ




| | コメント (1)

2019年1月 9日 (水)

舞台出演『人魚姫』

24552ce3f463419fb92c8b94aedba5ff


2019年
最初のお知らせ。
舞台出演のお知らせです。

お芝居の世界は
わたしの大事な原点であり
いつまでも憧れの場所です。

約2年ぶりのお芝居。

ありったけの
緊張と
楽しみを持って
全力で頑張ります!

ぜひ劇場にいらしてくださいね!

+++++++++++++++++++++++++
《速報》
出演情報

ノックノックス新作
人魚姫

2019年6月21日(金)~30日(日)
すみだパークスタジオ倉

出演
蓮城まこと 藤田奈那 きよこ
古澤光徳(ユニークポイント) 小林至(Theatre Ort) 舘智子(タテヨコ企画) 岩坪成美 下出宗次郎

https://ameblo.jp/actpro-news/entry-12431584809.html


2月中旬 キャスト続報公開!

今後のキャスト発表も
どうぞご期待下さい!


ノックノックスHP
https://knock-knocks.jp


むかしむかし、人と人魚は
とても仲良く暮らしていました。
しかしある日、人は大きな争いを起こし、
大切な海をよごしてしまいました。
それは海に住む人魚や魚たちだけでなく、
森に住む動物たち、空を飛ぶ鳥たち、
そして人間にとっても悲しい出来事でした。
やがて海は死に、
この世界の生き物はどんどんと姿を消していきました。

それからどれだけの時が流れたでしょう。
数十年、いや数百年でしょうか。
次第に生き物たちは生きる力を取り戻しはじめました。
海は相変わらず誰も住むことのできない場所でしたが、
人々は残った水を分け合い、
動物や鳥たちと一緒に生きていく道を選びました。

そんな時、ひとりの人魚が浜辺で見つかります。
海が死んでしまったせいで、
もうこの世界にはひとりも生きてはいないと
思われていた人魚が生きていたのです。
ですが悲しいことに、それが新たな争いを
生む火種となってしまいました。

「人魚の涙は水を浄化する力があるそうだ」

「人魚の歌には人の傷を癒す力があるらしい」

「ううむ、それは是非とも手に入れたいものだ」

「やや、ひとりじめはゆるさんぞ」

人魚は争いのさなか、人の手を渡り、
すっかり心を閉ざしてしまいました。

この物語は、そんな人魚が人から人へと手に渡り、
とある村にやってくるところからはじまります。



+++++++++++++++++++++++++

《会員の皆様》
staff&きよこよりメルマガが配信されています🕊📩(1/8)

今回受け取っていない方がいらっしゃいましたらご確認↓ご連絡くださいませ

http://kiyoco.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post.html




| | コメント (0)