« あけましておめでとうございます | トップページ | バレエとかベーグルとか »

2016年1月10日 (日)

ジュニアクラスにて

今日はジュニアクラスの日でした。

年に数回担当している「うたっておどろう!」というクラスで
毎回、テーマを決めて、体を動かすこと、楽しい気持ちを軸に
様々なことをやっています。


今回のテーマは、忍者。



様々なあそびをいれた内容で
子どもたちは夢中で真剣に、そして大いに楽しんで
うたい、おどり、あそんでくれました。


子どもたちの真剣で楽しそうな目線と
どんどん発想が出てくるときの生き生きとした表情と
全身で集中する姿。
あそびを通じて覚えた動きがダンスになったときの格好よかったこと。
最後の「楽しかった!」の声が本当に嬉しかったです。



さて、ここからは
私の思ってることなどをちょこちょことcatface


これは私の勝手な解釈なのですが
うたも、おどりも、いい意味で、根幹は
「あそび」
だと思っています。

まだやっと立ったくらいの幼い子どもたちが
誰に習うでもなく、学ぶでもなく
身近にあるもの・・木や石や葉っぱを叩けば音が鳴って
楽しいときには自然と湧いてくるメロディーを唄い
嬉しいとき、喜びのとき、飛び上がったり手足が動くにまかせて動く。

おどりやうたの起源も
昔々このようなプロセスがあったのかも・・
と思うと
まずは、このような自由な気持ちで
身体を動かすことに触れられたらいいなぁ、と思うのです。


そして、これはちゃんと根拠のある話ですが
あそびって、身体にも心にもとっても、本当に大事。
特に子どもたちはあそびながら色んな動きを覚えていくもの。
本人はあそんでいるつもりのことが
おどりやうただけでなく、実は様々なことに生きてくるそうです。


もちろん、基礎を積み重ねきちんと技術を学ぶということは大切で素晴らしいこと。
私も大好きなことです。
でも、技術があがって、壁に当たったりしていくうちに
子どもの頃の色んなあそび体験や、あそび心というものが
意外かもしれませんが結構大きなポイントみたい、というのは
私自身が様々な場面で感じてきていることでもあるのです。



このお話は
またどこかでゆっくり書きたいな。



長くなりましたが
今日のジュニアクラス。
最高!!!のクラスになりました。

みんな、ありがとう。




自分含めて
みんな!もっともっとあそぼう!





赤塚不二夫さんの大好きな名言。
「ふざけるな!遊んでるんだから」


|

« あけましておめでとうございます | トップページ | バレエとかベーグルとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | バレエとかベーグルとか »