« 第14回裾野親子イベント | トップページ | 安曇野コンサート »

2014年9月28日 (日)

「おとしモノ」

裾野から東京へ戻ってきてその足で
コンドルズの藤田善宏さんが自身で立ち上げた
プロデュースユニット「CAT-A-TAC」の第一回公演
『おとしモノ』@神楽坂セッションハウスへ行ってきました。

Img_6411
ダンスとパントマイム。
言葉はなし。
音楽と、空間と、あかりと、二人のパフォーマンス。
それで素敵なお話を魅せてくれる。

こんな感覚を刺激されたかった!とおもう作品には
そうそうしょっちゅう出会えるものではないのですが
久しぶりに切望していた刺激に出会えました。
感謝!

藤田さんとは一度イベントでご一緒しているのですが
いつか作品でご一緒したいとずっと思っているお一人。
終演後、久しぶりに再会した藤田さんは、やっぱり
いつまでも変わらず熱く優しく本当に良い人で、嬉しい時間でした。

「おとしモノ」今日までです。
心のどこかを揺らして欲しいと思う方、ぜひ。
http://www.cat-a-tac.jp/stage1/#pagetop

|

« 第14回裾野親子イベント | トップページ | 安曇野コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第14回裾野親子イベント | トップページ | 安曇野コンサート »