« 紹介いろいろ | トップページ | 今月のこと »

2012年4月22日 (日)

ミュージカル【カルテット!】

昨日。
観たい!と思っていた舞台「カルテット!」
千秋楽にぎりぎり間に合って観に行ってきました。

Quartet_3
   【カルテット!】東京グローブ座

感想をすぐにブログに・・・と思っていたのだけど


・・・・・か・・・・書けない・・・・・・・・・!!!

感動したんです。
ものすごく。

カーテンコールでは立たずにいられなかった。
本当のほんとうの、スタンディングオベーション。
立ち上がって拍手をすることでしか伝えられない客席のもどかしさ。
なかなか、ないんです。こういうきもちになれることって。
私も、過去に数えるほどあるかどうか・・・。
もしも私一人だったとしても立ち上がっていたと思うけれど
気がついたら客席総立ちになっていて
「あぁ、ほんとうにすごいステージだったんだ」と・・・。


音楽とストーリーがこんなに美しく絡み合っている作品は
初めて、と思いました。
とても素晴らしかった。


でも、言葉にするほど、どんどん感じた気持ちとずれていくような気もする・・。
だから、あまり書きたくないような気がするのです。

本当に感動した時、言葉がなくなってしまうけれど
久しぶりに味わいました。


ストーリーは

 音楽を通じて心を通わせてゆく家族の物語。

文字で書いてしまうと、なんて固くてあっけないんでしょうね。


観ている間、ストーリーと音楽に引き込まれながら
作品の美しさや、構成、演出、脚本、本番の向こうにある稽古場の空気
出演者と演奏家のたたずまい・・・
色々が心に突き刺さってきて
たくさん笑って、盛り上がって、泣いて
(あまりにも感情がよく動いたので
 ステージ上から気になるんじゃないかと思ったほど(汗笑)!)

本当に感動したと同時に

初めて自分が『舞台をやりたい!』と思ったときの、あの気持ち、衝動。
「あぁ、そうだ!私はここにいきたいと思ってたんだ!!!」
と、初心と初動が鮮やかによみがえった感じで
歌も、踊りも、演じることも、作品を作り上げていくことも
私は、みんなみんな大好きで、やりたくてたまらない!!!
と、震えるくらい思いました。


・・・ってこれは、私自身の感情ですけど
それをすっ飛ばして、たまらなく優しい気持ちになる作品です。

私の席の隣に、小学校1年生くらいの女の子とお母さんが座っていたのですが
舞台で母娘が気持ちを通わせるシーンの時に
そっと涙を拭いたお母さんに女の子が小声で
「ママ?なんで泣いているの?」と聞いていたことが
また、心に残りました。
舞台からもらって持ち帰る「気持ち」は
観た人の数だけあるんだなぁ、と。


いっぱい書きたいことがありますが
演出の菅野こうめいさんのことを少し。


菅野こうめいさんは
おかあさんといっしょのコンサートで私も何度もお世話になりました。
大好きな大好きな演出家のお一人。

「NHK テレビ 50 周年 ぐーチョコランタンとゆかいな仲間オンステージ」や
さいたまスーパーアリーナの「おかあさんといっしょ夢のビッグパレード 」
でお世話になりました。
いつだって、華やかで豪華で楽しい!!ステージですが
個人的に特に思い出深いのは2001年の春のコンサート。
こうめいさんは、演出ではなくて脚本・作詞を担当されていたのですが
私に楽しみと試練(!?)←一輪車に乗る を用意してくれていたのです。
いつもいつも、安心感と「楽しいものにしよう!」という気持ちと
センスの美しさが印象的で、必ずわくわくさせてくださる方です。


その、こうめいさんと久しぶりの再会!
だったのに。
感動の涙で私の顔はぐしゃぐしゃ・・・。
写真は自粛しました(涙!)
(こうめいさん、次回は笑顔で挨拶しますね!)


また、かならずご一緒できますように。
私も素敵な作品に参加できますように。


そのために
いちにち一日、自分を高めていこう。
その場所へ行こう。
のぼっていこう。
がんばるぞぉ。


これからも美しい作品がたくさんうまれていきますように!


  きよこ

4/25 浦安公演があるそうです。
 浦安市文化会館大ホール 19:00〜

詳細:http://www.duncan.co.jp/web/stage/quartet/


人気ブログランキングへ


Bannerlogo01

|

« 紹介いろいろ | トップページ | 今月のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紹介いろいろ | トップページ | 今月のこと »