« JAL国際線 | トップページ | 2月! »

2011年1月30日 (日)

最初は手違いからでした

きっかけは・・・

そう。
昨年の、秋の終わりというのか。冬の始まりの頃というのか。


音楽のデータ(仕事上、大切なものも沢山入っている)
を、完全に自分の手違いでぜ〜〜んぶ削除してしまった。
どっひゃぁ〜〜!!!

しかも!!!
毎日、その音楽データをフルに使用していた。

ガーーーン・・・。
がちょーーーん。
冷や汗ど〜〜っ!
顔に縦線がーーーっ!!

と、うろたえたけれど
落ち着いてみたら、その時に必要だったものと仕事のものは
何とかなることが判明。
そして、個人的な趣味のものがとんでもない量になっていたので
それの整理になって、良かったな〜〜〜、なんて
結果的には、良い結果だったのが、実は、今になって思うと、きっかけ。

その後、あるデータを
さらに丸々失うことになって
一瞬、相当ガックシ!!と思ったのだけど
それはそれで、すっきりしたような気持ちになり
(仕事にさほど影響するものでなかったのが幸い)
そこから、わたしの「浄化作業」が始まった。

今流行の言葉で言うと「断捨離」だね。

全ての持ち物。
もう、細かくてイヤになるくらいの、持ち物ぜ〜〜〜んぶ。
一つ一つの見直し作業を始めたら、これがやめられない!
人って要らないものを、信じられないくらい沢山持っているのね。

ムーミンの本の中にね
ミィ(そういえば、よく「似てる」って言われたっけ)が
「ジャム!?この家にはくさるほどあるわよ!」
って言うシーンがあって
「ものは溜め込むととくさる」ということを言っているなぁ
なんて思っていたけど
(このシーンでは、結局ムーミンは客人にジャムを思いきり振る舞って
 全部手放すことになる。)
それを思い知らされるように、わたしも気持ち良く片付けています。

なかなか、そんな時間はとれないかもしれないし
気持ちがそこまで向かうことは難しいかもしれないと思うけれど
自分の身体と向き合うように
持ち物『全部』と丁寧に向き合って
本当に好きなもの
必要なもの
そういうものを
たまに見つめる作業は大切だなぁ。
そんな風に思いました。

本当に必要なものは
もしかしたら、とても少なく出来るのだということ。

でも、手放せるのも
自分のタイミングもあるということ。

色々感じるものです。

持ち物を片っ端からぜ〜〜〜んぶ見直す機会って
そうそうないのではないかな、と思って書きました。

わたしは、洋服も靴も沢山あって
CDやその他資料なんかも、ひょえ〜〜〜〜!!!というくらいにあるので
ホントに「浄化」という作業だけど
今も、それから、今後も、あるタイミングで、必要な時にはやっていきたいと
そう思います。

本当に思う。
記憶に残っていくもの
自分の心に残っていくものしか
本当に最後には、持ってゆけないのだ、ということ。
どんなにしても
想い出のかけらだけが、自分の大切なものになるということ。
そのなかで、私たちが形として残せるものを残せるのであれば
そして、誰かの心に残るものになるのならば
それが嬉しいことだ、ということ。

大切なのは

心の中に そして 両手に抱えられる量の
想い出たちだ

ということ。



でも

思い入れのあるものや
とても俗説的なこの世的なものが捨てられなかったりする自分を
発見して
くすっと笑うこと。

そんなことが

あぁ、生きていることなんだなぁ。

なんて、思うのです。

今年は、面白いことが沢山ある始まりです。
あまりにも楽しいのと、素晴らしいので驚くばかり。
みなさんにも、少しでも伝染しますよう!!


実は、あまり興味ないのに(国民の皆さんごめんなさい!!)
松木さんの解説が面白くて観てしまっている
サッカーを観ながら。

  きよこ

Photo1

昨日、打ち合わせの合間に見かけた色々。
春らしい色合いが、そろそろ楽しくなる。
四季のある日本ならではの楽しみがあるものですね。
外国との接点が増えるごとに気づかされます。


人気ブログランキングへ

Bannerlogo01

|

« JAL国際線 | トップページ | 2月! »

コメント

http://www.masaechigo.com/
札幌 建築事務所
頑張って下さい、応援しています^^

投稿: 札幌 建築事務所 | 2011年2月 1日 (火) 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JAL国際線 | トップページ | 2月! »