« ほほほ ほん | トップページ | 10年 »

2010年11月13日 (土)

手を暖めてくれたのは・・・!!!

Photo1
世の中、すっかり秋深し、なのに。

Photo2
ハイビスカスが咲いている。東京だよ〜〜??


昨日かな

色々と作業があったので これは集中してやってしまおう!と
朝からスタジオにこもりました。

ががっ!と書類を広げて あれこれまとめるものはまとめたり
整理するものとか もうちょっと先でもいいかというものを出したり
書き物もあったので 取り組んで
アタマの中の整理もしたりして
途中では 振付けとか 歌の稽古なども 盛りだくさん。

そんなことをしていたら
途中 どんどん 手が冷たくなってきた。
それが、ちょっとやそっとじゃない。

カイロを握ってみたけど だめ。

しびれるくらいに冷えてきて ペンを持つのもしんどく
マイクを握るのも 感覚がなくなってきて。
振付けで身体も動かしているのに。

あったかいお茶を持ってみる。だめ。

ふえ〜〜〜〜ん・・・
わたし どうなっちゃうんだろう〜〜〜!!

と不安になり始めて 気がついた。




朝から 何も食べていない。



おおかた片付いた頃
ご飯を食べにいった。


食べたら  手が元に戻った。


暖めてくれたのは
カイロでも お茶でも 養命酒でも(飲んだことないけど)なく 食事。

食事って大切なんだなぁ、と改めて実感。


食事も大切だけど 適度に身体を動かすことも大切だ。
わたしの場合は、なのかもしれないけれど
身体を動かさないと アタマがどんどんどんどん凝り固まったり
アタマが暴走を始めてしまって そうすると
つまんなーーーーい考えとかそういうものが
どんどん膨らんでいって まるで入道雲みたいになってくる。
それに身をゆだねて良かったことは、ぜーんぜんない。
なのに。
人間って・・・というか、私ってくり返すんだなぁ。
実感しないと、気がつかないんだろうか。

やっと久しぶりに踊りのお稽古に行かれて
踊ることに集中してアタマを空っぽにしたら
一気にすかーーーんと何かがぬけたような気持ちになった。
同時に「踊りの神様、踊らせてくれてありがとう」という気持ちがむくむくと出てきて
「あぁ、何事にもこういう気持ちを持って接して取り組んで触れ合ってつながっていきたいなぁ〜〜」と、心から思った。

この感覚は、バレエとかジャズとか子どもの頃から踊ることに長く携わってきているけど
バリ舞踊を始めてからの感覚な気がする。

10年くらい前の、ある春の日。
縁あって、テレビ番組の「デ・ポン!」というコーナーにバリ舞踊のキヨコお姉さんとして
  (正確には デ・ポン!のコーナー=「バリ舞踊をベースにした身体表現のコーナー」)
出演することになり
そこで初めて、バリ舞踊という未知の世界に出会い
「知らずに務めるわけにいかない」、と習い始めたのがバリ舞踊を始めたきっかけだけれど
バリの踊りと、それから、私が習っている、これも縁あって出会った踊りの先生から
ただ「踊り」というだけではないものを、私は学んでいるように思う。
バリにおいて踊りや音楽は
もちろん人々の娯楽のためや、鑑賞のものでもあるけれど
神様への気持ちでもあり、神様が人間の身体を借りて踊っている
という場合もあることを知ったこと。
それは西洋の文化だって、何処の文化であったって
とてもとても根本は同じところを持っているのだろうけれど
私が気づくことが出来たのがたまたまこれだった、というだけだと思う。
それらの、人と芸能と神様との関わりが、考え方として私にはとても心地よくて
たとえ、自分たちの娯楽で奏で舞うものでも、心の中の神様と対話をしているのではないか
その先に、人へ伝えるもの伝わるものがあって発信しつながっているのではないか
と勝手に解釈している。
それは、私には大きな影響で
バリの踊りや芸能に限らず、みんなみんな、同じように捉えることができるのだろう、と思い
今の活動の一つ一つに取り組むときの「芯」みたいなものになっている。

朝起きて歯を磨くことも、歌も、踊りも、言葉を伝えることも、気持ちを届けることも、縁ある人たちとの何気ない会話も、ありがとうを言うときも、一日を終えるときも。
ありがとう というシンプルな感謝の気持ちを持っていられたら良いな。

ちょっと前に、甲本ヒロトさんが
「目に見えることとかさ、表面的なことはどうでも良くてさ、表現ってさ、なんでもさ、心から始まって心に伝わるもんだと思うよ。心から、心。」
と言っていたのを聴いて、素直に、そうだなぁ〜、と思ってじーんとしたんだけど
ちょうど、私が今年ずーーっと考えてたどり着いた考えっていうのが、まさしくそれだったので
「おいおい、私、忘れてたのかい??」
と苦笑しながらも、自分でも出した自分への「答え」みたいなものを改めて耳から聴くことは、嬉しく心地よく勇気をもらうものだなぁ、と思ったのでした。
同じにしてしまうには恐れ多いお方の言葉だけれど。
わたし、ガンバロウ。

息抜きに・・・と書いていたら
支離滅裂、長くなってしまったけれど、読んでくれてありがとう〜!

身も心も元気が一番!
沢山食べていっぱい笑って 明日もGO!
みなさん、良い休日をね〜!!!

  きよこ

 

Photo3
あるお店で食べた「亀の手」
見た目でそういう名前だけれど、確かフジツボの種類の甲殻類。磯で見かけるよね。
この日、このお店をセッティングしてくださった女性スタッフの「期待の大型新人」さんは
わたしたちに、まんまと「これは本物の「亀」の「手」なんだよ!」と信じ込まされていた。
さて。彼女が真実に気がつくのはいつだろうか。うふふ〜〜ん。

【お知らせ】

【きよこファミリーライブ】

 幼い頃にテレビを通じて一緒にあそんで育ったみなさんとご家族のみなさんに
 今、また会いたいな、と思って、みんなが来られるライブをつくっています。
 今小さな子どもたちも、あの頃から大きくなったみんなも、そして大人のみなさんも
 みなさんに会えるのを楽しみにしています。お待ちしています♪


*参加ご希望の方は下記までご予約ください。

   紹介 http://cotosaga.com/event/757151

Mangetu

 音楽劇『満月のひよこ隊長 vol.2
   原案 きよこ   作・音楽 山口健一郎

  【会場】南青山マンダラ
  【日時】11月23日(火)祝日  13時〜
  【チケット】¥3800-(1ドリンク付き)

    youtube http://www.youtube.com/watch?v=Gcc7MitDrPM
   予約・詳細→http://www.kiyoco.net/hiyoko.html
   携帯電話→http://bunka.aoistudio.com/101123mandala/ 
   
  携帯電話からお申し込みの方はPCメールの受信を出来るように確認をお願いします。
     

【webシネマ】
webシネマの製作日記に
きよこの記事が載っています。
http://ameblo.jp/bisonfilms/
きよこが映画で一緒にお仕事出来ることを願っていた製作チームです。

☆他、イベント各地色々とあります。随時報告しますのでお楽しみに☆

人気ブログランキングへ

Bannerlogo01


|

« ほほほ ほん | トップページ | 10年 »

コメント

こんばんはnight

食事riceballは大事ですね。元気の源ですsign03 riceballでもbreadでもbananaでもbeerでも…。おっと、、beer←これはちょっと違うかcoldsweats01  朝ご飯を食べてパワーアップupしないとですね。

番組がきっかけでバリ舞踊にであったんですね。
バリ=神秘な国ってイメージです。『神様が体を借りて踊る』って、読んだときとても素敵だなぁshineって感じました。

「ありがとう」って言葉、本当に素晴らしい言葉ですよね。誰が初めに言ったんだろうsign02 心で思っていても言葉にしないと伝わらない事があります。でもその一言が、心に温もりを与える素敵な言葉clover

投稿: りん&れん | 2010年11月14日 (日) 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほほほ ほん | トップページ | 10年 »