« 背中を押されて | トップページ | 明日から »

2010年5月30日 (日)

ありがとうの花 満開

昨日 坂田おさむさんのライブへいってきました。
爆笑とじ〜〜んの涙があふれる あったかいあったかい 本当に素敵なライブでした。
何かを伝えること。
その素敵さを しんしんと感じた時間でした。


昨日 会場にいらした親子さんから
私のもとへ一通のメールが届きました。
私がおかあさんといっしょをやっていた当時に
お子さんが番組に出演したのだけれど
なかなか参加することができずにいたところ
最後、私が手をひいて無事に出演することが出来た
あの時はありがとうございました
という内容でした。
覚えていてくださってありがとう。
私も とても嬉しいです。

色々なところで話したり書いたりしていることですが
子どもの頃、私は、どうしようもないほどの人見知り場所見知りの泣き虫ちゃんでした。
誰かとお話なんてもってのほか。
(それが今じゃこれですもの。昨日いらした方、苦笑されてる??人生ってわからない)
母の手をしっかと握りしめ、幼稚園でさえ毎日「苦行か修行か」というような子でした。
それは、本人も楽しいことではなく、そんな自分のことが悲しく思えていたものでした。
活発だった母には、初めての子どもということに加えてその状況に「なんで!?なんでなの!!??」と戸惑ったりもどかしく思うこと、そんなことだらけだったと思います。
そんな私が、ある日おかあさんといっしょのお姉さんになった時に、スタジオに来てくれた子どもたちの中の、涙と不安を全身にたたえた子どもたちを見るたびに「あの頃の自分!」といつも思っていました。
もしも、自分が幼い時にこの番組に出演することになったら、きっときっと、最後まで泣いて、母の手を離さず、出演せずに帰ったであろうと。
でも、そんな時に、本当は「楽しくあそびたい。みんなみたいに元気よく色々やりたい」と心の底では思っていることも、いつもそう思っていたことを、いつも思い出していました。
だから、そんな子どもたちに、ほんの一瞬でも「この人とだったら頑張ってみよう」と思ってもらえたら・・・!
そういう思いで、いつもいました。


子どもの頃そんなコンプレックスを持っていたわたしが
大きくなり、このお仕事に携わるようになった今
こうして元気に笑っていることが
それがどんなに他愛ないことであり、どんなに小さなことであったとしても
私に、あるタイミングで触れることになった誰かの心に届き
「あぁ、今日ちょっと笑ったな、じゃぁ、今日はいいことがあった。」
とほんのちょっとでも思ってもらえるのであれば・・・
それが私の原動力の一つになっています。

嬉しいメールをくださって 本当にありがとうございました。
また、わたしも今日から、頑張っていこうと思います。

そして 昨日
結果的にその機会を与えてくださったおさむさん ありがとうございました。
感謝しています。


たくさんの再会もあり。


ありがとう。
ありがとうの花 満開の日でした。

  きよこ


Bannerlogo01

|

« 背中を押されて | トップページ | 明日から »

コメント

きよこさん、ありがとうございます。子供達を思うお姉さんの優しい気持ちが伝わってきました。
私も、おさむさんに感謝します。

投稿: ゆみこ | 2010年5月31日 (月) 21:40

『ありがとうの花』 満開…。いいですね(*^_^*)『ありがとうの花』名曲ですよね。良い歌で大好きです。

早いもので今週から6月ですね。ぼちぼちがんばりましょう(^^)

投稿: 主婦5年目。 | 2010年5月30日 (日) 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背中を押されて | トップページ | 明日から »