« 眠すぎて | トップページ | ありがとうの花 満開 »

2010年5月28日 (金)

背中を押されて

前回の写真は キャンドルや置物ではなく
以前、外国のお店の食料品売り場で見た『食べ物』 です。
興味はあるのですけど(ただ甘いだけなのは重々承知!)
ご覧の通り、大量パック詰めで「ひとつだけ」は買えないので
食べたことないのですが・・・。
右側にある「青っぽいの」なんて、うっひゃぁ〜、何の色なんでしょうね。
ドキドキしながら、すっごい興味あり。


さてさて。
あるところで
「励ましの言葉をかけた人は、その後背中を見送ったりしない。自分の仕事で忙しいからです」
というのを読みました。
これ、わたしもずいぶん前から思っていたことで
それをズバッと的確に短く言いえてて、大爆笑&大拍手!


今までに、わたしは、何人もの方々に、いくつも
     人生を支えてもらった
と、大げさでなく思えた言葉をもらってきていて
何かがあった時に、タイミング良く救ってもらってきている
ラッキーな人生だと思っているけれど
その方々がくれたのは「言葉」と「気持ち」。
言い換えれば、いい意味で「無責任に背中を押した言葉」。
それを、いい意味で「無責任に受け取った自分」。

例えて言うと。
音楽や映画や本に励まされたり勇気をもらうことがあっても
それらが直接、生活の面倒を見てくれるわけじゃない。
無責任に背中を押すけど
押そうと思ったわけじゃないこともあるかもしれないし
受け取るかどうかも本人次第。
それで頑張るかどうかは自分の勝手。

出す側も受け取る側も
責任を外にむけてない。

その、お金では手にすることの出来ない
『一番大切にしたい!』
と思うものを
その瞬間に的確に最高のタイミングで、これしかない!という言葉で
無責任に放ってもらったものを受け取って
勝手に信じたわたしは、今まで勇気を持って進んでこられた。
だから出来るだけ、嬉しかったとかありがとう!という言葉や気持ちを
本人に投げ返そうと、そう思っています。

「背中を見送ったりしない」人も
多分、「見送られない」経験を持つ人なんだろうなぁ、と思います。

そんな気持ちのやりとりがあることは
   豊かだなぁ
と思った、そんな日でした。

 きよこ

Photo1_2

あーーー、これをもっとピッタリとした表現で伝えたいよう
と アタマぐるぐる。
とにかく みなさんに 感謝ーーー なのですが。

Bannerlogo01

|

« 眠すぎて | トップページ | ありがとうの花 満開 »

コメント

やっぱりお菓子なんですね。らくがんみたいな砂糖菓子ならわかるけど、間違ってもカステラ系ではありませんように(笑)。
私は今年、資格試験に挑戦します。悩んでいたけど、ある方の「あなたなら大丈夫よ」の(何の根拠もない)一言に魔法をかけてもらって(笑)、日々地道に頑張ってますよ。

投稿: はるちん | 2010年5月30日 (日) 22:33

言葉としての表現は限界があると思います。

なんとなく感じる
なんとなく言いたい事わかる

そんな感じでいいじゃあないですか。

励ました後はしっかりと見送りたいおっさんです。

投稿: あそう | 2010年5月28日 (金) 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眠すぎて | トップページ | ありがとうの花 満開 »