« 出会い | トップページ | 体力勝負 »

2009年7月12日 (日)

きおく

ここのところ月がキレイに見える日が多くて嬉しい。
単に私が月を見る余裕が出てきた、というだけなのかもしれないけど・・・。
先日の七夕の日の満月を思い出してたら、天の川っていうものの存在を思い出した。

東京都内で天の川って、そうそう見られるものじゃないから
肉眼では見えないものなんだろう、とまで思っていたものなんだけど
初めてアメリカへ行ったときにラスベガスへ向かう砂漠のど真ん中で
ものすごい光の川を見てドギモを抜かれた。
あまりの光景に天の川だっていうことが全然わからなくて
エンターテイメントの一環なんじゃないだろうか
なんていう馬鹿なことまで思うほど、それはスゴイもので
「ミルキーウェイ!」といわれて初めて
「あぁ、これが天の川なんだ!」とわかったほどだった。

あんなものを見てしまったら
今のような都会の便利が当たり前ではない時代に
夜になると現れるあの空の世界を見たら
考えることも感じることも何もかもが違うのではないだろうかと思った。
言葉にならないスゴさが自然にはたくさんあるけど
いくつか見たうちの一つが、これ。
まだまだ、私の知らない世界が沢山あるんだ
と思うと
ドキドキする。

実際に体験・体感したことというのは消えてしまわないもので
ちゃんと、自分の中に残っている。
同じ体験は二度とできなくても
感覚はちゃんと残ってる。
だから 出来るだけ
良いもの、素敵なもの、感動などで
心をいっぱいにしたい。
これからも、身近なものもとんでもないものも、たくさん体験していきたい。
そして、できれば
大切な仲間達と、一緒に。



ラスベガスへ連れて行ってくれた友人が
日本に帰ってきている。

夏休み。

夏が近い、というのを感じるときもキラキラしたものを感じるけれど
夏休み、という言葉は、また違った特別なカンジがします。

子どもの頃の、あの、楽しみだったカンジ。

直前の、ワクワク。

これも、忘れられない記憶の一つなんだろ〜〜な〜〜〜。

Sky_2
青空、気持ちいい〜〜!!
明日も、良い一日を!!

Bannerlogo01

|

« 出会い | トップページ | 体力勝負 »

コメント

アメリカの砂漠のど真ん中の星空
周りに邪魔する物が何にも無い場所での
星空ったら、
壮大な、「超」が付くくらいどデカイ
プラネタリウムだったんだろうなぁ~~
隙間が無いっくらいの敷き詰められた星たちに
ドキドキさせられたんじゃないですか?(^▽^*)

小学生の時、遊びに行った
母の実家の福島で見た星空
ものすごい数の星達にドキドキしながら
しばらく見上げていたら・・・・
目が回った(o_ _)o
事、思い出しました(^◇^;)

投稿: どんべえ | 2009年7月14日 (火) 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出会い | トップページ | 体力勝負 »