« 原点 | トップページ | これでも »

2009年6月 3日 (水)

いまごろ???

突然だけど。
久しぶりで、いきなり、突然だけど。


身体ってスゴイんだなぁ。と思った。
正確には「身体を動かす」ということが
心というのか精神とものすごくつながっている
ということを思いっきり感じてびっくりしてる。


頭が凝り固まるってこと、ないですか?
私は、実はすごくあって
(頭皮が固くなるってことじゃないよ。それもたまにありそうだけど(笑))
これって、精神というのか心というのか考え方というのか
そういうものが、どんどんどんどん固くなってしまって
自分ではなかなか抜け出せなくなってしまう。

そんな自分もわかっているのだから
そうなる前に手を打てばいいんだけど
人間って・・・?
いや、私って??
そのあたり、困ったもので
わかってて、何度も繰り返す。



精神が固まっていくときの感じって
コンクリートが固まっていくみたいに
さらさらしていたものが
ドロドロになって
固くなっていく感じに似てるかなって思う。
どの状態で止めるかは自分次第なんだけど
身体を動かすことで
それを元に戻す力があるんだ
ということを実感して、驚いた。


今回のことは
実は頭で考えてもあまり効果のないことを
一生懸命頭でやろうとしていたこともあって
これは私のミス。
今後の教訓になった。

でも、今回のこのパターンに限らず
自由に、自分が楽しく身体を動かすということは
ものすごく精神に影響を及ぼすみたい。

人それぞれやり方は色々だと思うから
誰にでも当てはまるわけではないだろうし
頭でしっかり考えられる人だっているはずで
私は「違った」というだけだった。
そんな新たな自分を発見。

考えることは大切だけど
頭の中だけでなく
自分のことを全部使おう。


そんなことを思った。




私は
たまに
周りの色々なことに
ぶんぶんと揺れてしまう状態に陥ることがある。
バランスがものすごく悪くなる状態。
経験を持っていることで
逆に気にしすぎて考えすぎて行動が停止し始めてしまう。
気にすることで迷惑かけることもあるのにね。
その色々なことというのも
普段ならどうでもいいような、小さな小さなことだったりして
でも、そうなると、何もかもが気になって仕方なく
ものすごく些細なことに引っかかって
一人で勝手に落ち込んだりする。
こうなると、結構しんどい。
元に戻すのは自分でしかできないのに
自分で自分がどうにも出来なくなってしまう。
この状態になったときに困るのは
実は私本人よりも
周りにいる人々で(本当にごめんなさい)
火の粉をかぶるのは発火地点の私ではなく周りなのだから
本当に申し訳ない。
申し訳ない、と思って、反省してまた落ち込む。

と、ここまで書いてて、自分で
「バカじゃないだろうか」
と思う。


なんてことを人に話したら
「それは、遅ーーーーい思春期だ」
と言われた。


っっぇえーーー!!
今ですか。



思春期!



成長が遅いにもほどがある。
でも
ということは、長く人生楽しめるんだろうか。
寿命も長いのかな?200歳くらい?



あぁ、もう
バカもここまでにしましょう。
長くなっちゃったし。

と、ここまで
もしかしたら心配させちゃったかもしれないけど
おかげさまで、私はとっても元気です。
ご心配なく!



明日も早いので
寝ます。


では、またね〜〜。



Bannerlogo01

|

« 原点 | トップページ | これでも »

コメント

わかるような気がします!
家でじぃ~~っとしていると
普段ならさら~っと流せることも
妙に気になり煮詰まって
解決しない限りその事にこだわり続ける・・・

なので、そういうときは
簡単に出来る運動・・・ってわけじゃないですが
近くでいいんで徒歩で買い物に行くだけで
違いますね!

きよこさん
元気になったのなら、良かったぁ♪
街のあちこちにアジサイの花が咲き始め
とってもキレイですよ☆

投稿: どんべえ | 2009年6月 4日 (木) 22:02

お~~っ!
好き放題書いて寝んねかい~!

なんか吹っ切れたみたいですね。

「普段ならどうでもいいような、小さな小さなことだったりして
でも、そうなると、何もかもが気になって仕方なく
ものすごく些細なことに引っかかって
一人で勝手に落ち込んだりする。」


これは良くわかる~~!
おっさんなんか未だにありますよ!
大体は自分を冷静に見つめなおして
他人の目で自分を見なければいいんだけど
中々出来ない!

それじゃあ、おっさんも思春期仲間に入れてください。
宜しくお願いします!!

投稿: あそう | 2009年6月 4日 (木) 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原点 | トップページ | これでも »