« さんだる | トップページ | 落ち着いて »

2009年5月14日 (木)

写真


昨日は写真の撮影でした。

いつものことだけど写真は本当に勉強になる。
無意識の立ち方、とられ方のクセなどなどなど・・・。

安心感と、ちょっぴり緊張感と(これは私が)和やかな雰囲気の中で撮っていただいて
本当に感謝している。

まだまだ、「進化」(!?)したい!と切に願う一日でありました。(では、今までは進化してきたのかどうか・・・。それはさておき。)自分への挑戦、でしょうか、ね。
次に撮っていただく機会があったら、どんな表情が出来るだろうか、と。
いつも素直にケラケラと笑っていたいねぇ。
とんでもない表情も、まだまだ出しましょう。

心が自由でいること。

けっこう、キーワードかな、なんて思います。



話は変わって
ちょっと前に「流れ」の話を書いたことがあったけれど
流れって「ものごと」の流れというのかタイミングというのか
そういうことと
「気」というのか空気とか、そういう流れとがある。

ん、「それ」とか「あれ」とか多様してるね、私。
困った困った。

先日書いた「流れ」は、ものごとのことだったけど
空気や気が流れている場所とか
自分の気がぐるぐる流れていること、状態
(なんて言っても、そんなわかるわけではないけど、感覚ね)
そういうことを、けっこう大切にしている自分を最近発見しました。

私が好きだな、と思ったり、気持ちがいいな、と思う場所や空間は
肌に直接感じる風とは違うけれど
ゆったりと、空気がまわり流れていることを感じられるようです。

結果的にはものごとも空気も気の流れも、同じことにつながっていくのかもしれないけれど
その流れていること、場所、心地よいこと。
自分の中が止まらないこと。
止まっていても、それを感じられること。
感覚に敏感でいたい。

そんなことを思いました。

実は今日たまたま開いた本に、まさにそんなことが書いてあって、私は吸い寄せられるように読んだのだけど、それを書いた方はその心地よい状態を「アドレナリンのツボ」と表現していて、おぉぉぉ〜〜〜〜、とおおきくうなずいた私だったのでした。

うん。それ、ぴったり。

そして流れと言えばコンサートやライブは、まさに流れというのか、うねりというのかが肌でビシビシと感じられて、目にさえ見えそうな環境!
だから、やめられないし、大好きなのだろうと。
そう思うのです。
アドレナリンだって、多分、多めだよ。楽しい時。


写真も、そんな流れの瞬間を切り取るもの。なのかな。



なんだか、ちょっと涼しくなりましたね〜。
体調には気をつけましょう。
ではでは〜〜


あれ?写真ってタイトルつけといて
なにも写真載せてない!!
次回ね。

きよこ
Bannerlogo01

|

« さんだる | トップページ | 落ち着いて »

コメント

写真はとっても奥が深い!
映像では何気なく過ぎていってしまう一瞬の表情を
見事に捕らえ、その1枚の絵から
いろんな想像をすることができる。
また、その日の気分によっても
1枚の写真が楽しいものになったり
悲しいものになったり・・・

人生数十年と生きていて写真を撮られる枚数数知れず
でも未だに映った自分の笑顔を見るたび
「強張ってるなぁ・・・σ( ̄_ ̄;) 」
と毎回思うわけで・・・
どうしたら自然な素敵な笑顔で写れるのでしょう・・・

投稿: どんべえ | 2009年5月16日 (土) 22:20

我が家はこどもがいるのですが、
以前土曜にきよこお姉さんが出ていた
お母さんと一緒が大好きでした。
終わってしまって、とても残念です。

投稿: www.mundopsion.com | 2009年5月15日 (金) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さんだる | トップページ | 落ち着いて »